大阪府泉佐野市の歯科医院 歯医者 小北歯科医院 顎関節症 親知らず 埋伏歯 抜歯 小帯切除術 歯牙移植 歯牙再植 歯根のう胞

小北歯科医院へのお問い合わせは、072-466-4108
口腔外科

口腔外科について

顎関節症や埋伏歯の抜歯などの口腔外科治療は、当院にて診断を行い対応できない症例の場合には、提携している「りんくう総合医療センター」へご紹介させていただいております。
当院で診断しご紹介することにより、提携病院にてスムーズな治療を行うことができます。

口腔外科で来院された患者様にも、通常通りの虫歯・歯周病チェックを行い、症状が見られる場合にはしっかり治療させていただきます。

顎関節症

顎関節症とは、「顎が痛い」「口を開けると音が鳴る」「口が開けにくい」などの症状のことです。軽度の方から全身にまで影響が出てしまっている方もいます。

原因も症状も幅広いので、様々な組み合わせの診査・治療を行います。

親知らずなどの埋伏歯の抜歯

親知らずは、20歳前後に生えてくる第3臼歯です。この親知らずが生えるスペースがない場合、まっすぐ生えることができず、歯肉に埋まっていたり、斜めに生えてきたりします。

親知らずは、虫歯、歯肉の炎症、噛み合わせのズレなどの影響を起こす場合がありますので、可能であれば抜歯することをお勧めいたします。

小帯切除術

小帯とは、唇の裏にある唇と歯茎をつないでいる「すじ」のことです。

一般的にはこの小帯が長すぎて、すきっ歯の原因になっていたり、短いために歯磨きの邪魔をしていたりする場合に、小帯の切除を行います。
しかし、すぐに治療するわけではなく、改善が難しいと判断した場合に治療を行います。

歯の移植・再植

歯牙再植とは、外傷で抜けてしまったり、治療するためにやむを得ず一度抜いた歯を、再度同じ場所に植える治療です。

歯牙移植とは、自分の歯を別の場所に植えることで、自家歯牙移植と言います。
親知らずなど余っている歯を、歯根膜などの組織ごと別の場所へ移植します。他人の歯では拒否反応を起こしますので、自分の歯でしかできません。

どちらの治療も元の歯は天然歯ですので、インプラントと比べても、抜群の適応性があります。

歯根のう胞の摘出

歯の歯根の先端部に、歯根のう胞という袋状の病変が発生することがあります。痛みなどの自覚症状が出にくいため、歯科医院でのレントゲン撮影で気づくことが多くあります。
大きい場合は手術で摘出するための手術を行います。

ページTOPへ

歯科医師 常勤・パート募集 歯科衛生士 常勤・パート募集 衛生士学校学生のアルバイト募集 スルガ銀行 デンタルローン
ご予約・お問い合わせは、TEL:072-466-4108までご連絡ください。
小北歯科医院 医院マップ
  • 所在地
    〒598-0034
    大阪府泉佐野市長滝847-5
  • 交通アクセス
    JR阪和線 長滝駅 徒歩8分
    南海本線 羽倉崎駅 徒歩18分
    駐車場10台
携帯サイトのご案内 主要3キャリア対応