大阪府泉佐野市の歯科医院 歯医者 小北歯科医院 歯周歯科 歯周内科治療 歯周外科手術 歯肉炎 歯周炎 歯槽膿漏

小北歯科医院へのお問い合わせは、072-466-4108
歯周歯科

歯周歯科

歯周病は歯周組織(歯をささえる周りの組織)に起こる病気で、細菌による感染症です。
日本人の約40%が歯周病で歯を失っていると言われており、実はとても怖い病気なのです。

さらに近年では、歯周病の原因菌と、誤嚥(ごえん)による肺炎心筋梗塞糖尿病早産低体重児出産など、重大な病気との関連性も問題視されてきています。

小北歯科医院では、患者様のお口の健康と全身の健康を考え、歯周病の早期発見・早期治療、歯周病の予防に取り組んでおります。
歯周病の治療は、患者様だけ、歯科医院だけが頑張って治る病気ではありません。患者様との信頼関係を築き、一緒に治療していきたいと考えております。

ずっと健康でいるために、私たちと一緒に頑張っていきましょう。

歯周病は生活習慣病です

歯周歯科

歯周病は加齢によるものもありますが、主な原因として、食生活、適切でない歯磨き方法、ストレス、喫煙など生活習慣と密接に関わり合っています。これら原因の改善や、体調管理に気をつけることで、より予防・完治しやすくなります。

自覚症状が少ない初期の歯周炎から歯周病により、大切な歯を失わないために、歯周病について詳しく知ることが大切です。歯茎の腫れや出血、歯がグラグラするなどの症状が現れたら、すぐに歯科医院に相談し診てもらいましょう。

歯周病の進行

お口の中には様々な細菌がいます。その中で歯周病の原因となる細菌は10種類以上にもおよぶと言われています。

口腔環境が悪化すると、歯と歯肉の間にプラーク(歯垢)が増殖します。この状態を放置しておくことで、プラークはバイオフィルムという膜を形成し、歯に強固に付着します。
バイオフィルムは、歯磨きでは簡単に落とすことができません。この中の強い毒素をだす細菌が繁殖し周りの歯肉を攻撃するようになり歯周病を進行させます。

歯周病の進行
歯周病の進行

歯周病になってしまったら

一言に歯周病といっても、歯肉炎から重度歯周炎と区別され、対処法もそれぞれ異なります。とにかく、お口の中を清潔に保つ意識が大切です。

PMTCを受けましょう

PMTCは、歯科医院で専用の機器を使用して行う口腔内のクリーニングの事です。
歯周病はバイオフィルムにより、歯周ポケットなどの歯周組織でどんどん進行します。
PMTCでは、それらの歯磨きでは落とせない歯周病の原因であるプラークや歯石などのバイオフィルムを、確実に除去することができます。

PMTCを詳しく見る>>

ブラッシング指導と適切な歯磨き方法

染め出しによる磨き残しのチェックを行い、歯磨きの問題点を調べ、効果的に行えるブラッシング(歯磨き)の指導を行っています。お口状況によっては歯間ブラシやデンタルフロスの使用法も説明します。

歯磨き指導を詳しく見る>>

歯周病を治す生活をしましょう

カウンセリングにより、患者様の日常生活・習慣をお聞きし、歯周病を治していくために良いこと、悪いことなど、改善すべき内容についてご説明します。

定期検診を受けましょう

当院では、患者様一人一人に適した予防プログラムをご提案しております。
その上で、3ヶ月、6ヶ月ごとに定期的に歯科医院でチェックを受けていただくことで、日ごろのケアの修正点をお伝えできますし、プロの手による歯のクリーニングを行い、再度、歯周病予防のスタートを切りましょう。

歯周内科治療

位相差顕微鏡

通常の歯周歯科は、上記で説明しておりますが、主に歯磨きの指導とバイオフィルム(歯石や歯垢)を除去する歯周組織の清掃が行われ、重度の歯周病には外科的処置を行う、というのが、ほとんどの歯科医院で行われている基本的な歯周歯科です。

しかし、この基本的な治療を行い、どんなに一生懸命歯を磨いても、なかなか歯肉の炎症がなくならず、腫れや出血・口臭で悩まされ続け、最終的に歯を失ってしまう方が少なからずおられます。

これはとても残念な例ですが、このようなことが起きてしまうのは、歯周病が感染症であるにもかかわらず、原因菌へ対策を行ってこなかったことが大きな要因です。

薬で治す歯周歯科 「歯周内科治療」

位相差顕微鏡

「歯周病が薬で治る」と聞いて驚く方がほとんどだと思います。しかしながら、歯周病は感染症です。
お口の中に菌がいなければ、もちろん歯周病にはなりません。

「歯周内科治療」は、位相差顕微鏡という特殊な顕微鏡で、お口の中の細菌を観察します。これにより、患者様ごとに異なる歯周病の原因菌・カビの種類を特定することができます。
特定した細菌の状態から、歯周内科治療が必要かどうか、必要ならどの薬剤が適切であるかを判断し、服用していただきます。同時に、カビを取り除く歯磨き剤で、カビを除去します。

歯周内科治療は、今までの歯周歯科と比べ、患者様の負担が軽い治療です。
当院のご提案するプログラムに沿って治療を行っていただければ、およそ3週間程度で驚くほどの改善が見られます。もちろん治療の際には、顕微鏡のモニターをご覧いただき、治療の成果を実感していただけます。

下の画像は、歯周内科治療による菌の変化の様子です。

歯周内科治療による菌の変化の様子

歯周病の原因菌に効く薬を服用することで、ここまで激変します。

歯周外科手術

歯科医院の指導によるご自宅でのケア、歯科医院でのスケーリング・ルートプレーニング、定期健診などでも歯周組織に回復が見られない場合、外科的な手術で対応します。

歯周外科手術の目的

歯周ポケット内の深部に付着した歯石やプラークは、手探りで行うスケーリング・ルートプレーニングで除去することはできません。そのため歯肉を切開した上で歯石・プラーク、破壊された歯周組織を除去し、健全な歯周組織の回復を促します。

フラップ手術

歯周ポケットが4mm~6mm以上となり、歯周病が進行した場合に行う手術です。
歯肉を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石の除去、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去し、歯肉を元の状態に戻します。

歯周組織再生誘導法 : エムドゲイン法

組織再生誘導法と同様に、歯周組織を再生させる治療です。
組織再生誘導法では、メンブレンによってスペースを確保していましたが、エムドゲイン法では、エムドゲイン・ゲルという薬剤を根面に塗布し、不要な歯肉の侵入を防ぐと共に、再生を促します。状態によっては、骨移植することもあります。

歯周形成外科手術

「笑うと歯茎が大きく見える」「歯茎がやせて、歯が長く見える」「歯肉のラインが左右非対称に見える」「歯茎の色が悪い」などの状態を改善することができます。
歯周病が進んでいない方が適応例となります。

歯周形成外科手術

これら手術は失われた歯周組織を最大限健康な状態に回復しますが、元(完璧)の状態への再生は難しく、あくまでも歯を残すための手術です。また、歯周病が広範囲にわたるなど、手術を行えない場合もあります。

ページTOPへ